Hatena::Groupecotai

phoの日記

2010-01-10

We did itの号の感想

01:24

土曜日にカフェで読んだので感想を書いてみる。

The world this week

http://www.economist.com/world/displaystory.cfm?story_id=15179798

エコ隊でやったけど、へえ、そうなんだで終わるのが多い。一歩踏み込んだ目次として使えばいいのかもしれない。

  • Fannie Mae, Freddie Macのところで貴重なpiroe解説が聞けて良かった。Ginnie Maeなんて聞いたことなかったもので。今調べてみて思ったけど、全部略語を愛称っぽくしたのかな。

Federal National Mortgage Association(Fannie Mae)

Federal Home Loan Mortgage Corporation(Freddie Mac)

Government National Mortgage Association(Ginnie Mae)

さすがハリケーンに女性の名前をつける国だ。

  • メキシコの麻薬密売人の復讐の話は、救いがないなあと思った。
  • エコノミストはゲイ関連の記事が多いな。人権を意識してるのかなと最初思ったけど、今ふとインテリ、金持ちにゲイが多そうだから、エコノミストの読者層に重なってるのかな、移住候補地としてゲイの結婚を認めた場所の情報提供をしてるのか、といい加減なことを考えた。
  • 銀行を監督するバーゼル委員会の資本規制でも、piroe解説大活躍。自己資本規制がきつくなって(8%?)、自己資本をキャッシュなどに替えるのが大変そう。
  • 最近台湾の観光広告多いな。

クリスマスにデトロイトを破壊しようとした奴のせいで、いろいろ面倒なことになりそう

http://www.economist.com/world/unitedstates/displaystory.cfm?story_id=15179544

今週号の漫画でも取り上げられているけど、空港のセキュリティはガチガチになるだろうな。旅行者視点で面倒になったもんだと思った。あんまりアメリカに行きたくないと感じるようになった。アメリカの入国者数も減りそうだな。

医療機器関連の視点だと、なんか空港セキュリティ用に転用できないかなって思った。身につけているものの検査と、体内の検査との境界線があいまいになってくると、なかなか興味深い。体を検査するといっても、MRとかCTみたいな図体でかいものばかりではなく、超音波とかポータブルなものもあるわけだし、既にX線は荷物検査に使われているし。

医療機器の会社から、空港セキュリティに使えるものが出てくると面白い。被験者に負担をかけずに素早く異物を発見するという課題は共通しているわけで、けっこう近いような気がする。

あと、イエメンやばいね。イラク、アフガニスタンの次はイエメンか。相変わらず中東は危なさげ。

  • healthcare in asia 2010が気になったけど$1500か。そこまで行きたいわけではない。

フランス政府のビジネスへの介入

http://www.economist.com/businessfinance/displaystory.cfm?story_id=15176474

ナポレオンっぽいコスプレをしたサルコジがどこに電話しようかなって感じの絵がついてるやつ。エリゼ宮(大統領官邸)の住人ってそんな影響力があるのかと驚いた。国益のために、海外の企業ではなく国内の企業に事業売却させるというのはわからなくもないけど、入札までしておいて、しかも安い金額しか提示できてないのに、国内の企業に売却するのはなんだかな。まあ結果オーライなんだろうな。

有料放送はアメリカだけじゃない

http://www.economist.com/businessfinance/displaystory.cfm?story_id=15179576

みんなディスカバリーチャンネルとかナショジオとか好きだな。インド、中国はわかるとして、なぜポーランド。あと番組の逆輸入が面白かった。MTVのインド版が、アメリカのインド人が多い地域に再上陸というのが興味深い。

銃からスタンガンへ

http://www.economist.com/businessfinance/displaystory.cfm?story_id=15179584

スタンガンでやっつけることをteseredというらしい。テザるとでもいうのかな。アメリカの警官の半分が銃だけじゃなくてスタンガン(teser)を持っているようだ。場所をとらないし、すぐ使える。30mまで届くんだとか。

デジタルな時代らしく面白いのは、使ったときにデジカメで記録されるところ。で、データは本社に送られる。むやみやたらに使えなくなるし、teserは、毎月管理費を取れるからハッピーだ。よく考えたもんだ。

他の記事

Womenomics, Lehman Sistersなら良かったのにという話

http://d.hatena.ne.jp/pho/20100111/p1

新年の抱負が達成されない理由

http://d.hatena.ne.jp/pho/20100111/p2

携帯電話は文化を反映するのか、それとも均一化するのか

http://d.hatena.ne.jp/pho/20100112/p1

piroe0127piroe01272010/01/11 12:17バーゼルの話は私もよく分かっていなくて適当なことを言ってしまったけど、恐らく
今までは自己資本比率が8%以上という規制があったけど、
今後は中核(!)自己資本比率を○%以上に、という新たな規制が加わる予定で、その分子、分母に何を持ってくるか、○の数字をいくつにするかを今話し合っている状況らしい。
↓もご参考になると思われ。
http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2009/12/17/20091217ddm008020010000c.html